よくある症状

血 便

血 便消化器官や直腸、肛門などから出血した血液が混じった便が血便です。
黒褐色から鮮やかな赤色をしていて肉眼ではっきりと確認できる血便と、肉眼では確認できず検査をして初めてわかる血便があります。
また、ベタベタした粘液に血液が混ざった状態の便は粘血便と言います。

下 血

下 血下血は上部消化管だけでなくそれ以下の小腸や大腸など消化管全体の出血でもみられます。

一般に十二指腸と小腸の境目より肛門側で出血した場合、腸管に通過障害がない限り下血として排出され、 吐血となることはありません。
下血は出血部位や出血量により黒色便(タール便)と赤い鮮血便に分けられます。

黒色便では主に上部消化管からの出血によりますが、盲腸や上行結腸からの出血でも黒色となることがあります。
横行結腸以下の出血では肛門に近づくほど鮮紅色の 血便となります。

新鮮血の排出がみられ、便の表面に付着する時には さらに下部のS状結腸、直腸や肛門からの出血が考えられます。
なお、粘血便とは肉眼的に判明 できるくらいの粘液と血液が 混入しているもので、大腸粘膜の炎症や潰瘍性変化により起こります。

下血の原因としては大きく4つにわけられます。
腫瘍性ポリープや癌
炎症性クローン病、潰瘍性大腸炎、感染性腸炎や薬剤性腸炎など
血管性虚血性大腸炎や痔など
その他大腸憩室など 

 

血便のなかには大腸がん、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のような重い疾患が隠れている場合があります。血便とともに腹痛や吐き気、嘔吐、発熱などをともなう場合には、すみやかに受診しましょう。

下 痢

下 痢

下痢とは、便の水分量が増して泥状〜水様になった状態をいいます。多くの場合、排便の回数も増えてきます。

・海外旅行中あるいは帰国後に下痢が起こったとき。
・痢とともに発熱がみられるとき。  
・下痢に血が混じっているとき。
・長い間下痢が続いているとき。とくに体がやせてきたり、腹痛が加わってきたときには要注意です。

長期間続く下痢や、高熱、強い腹痛、血や粘膜が混じる便の症状などがある場合は、消化器内科を受診しましょう。

下腹部痛

下腹部痛下腹部痛をきたす病気も様々であり、臨床症状や血液検査所見、そして腹部超音波検査が有用となります。

間欠的な痛みで嘔吐や下痢を伴えば腸閉塞(イレウス)、急性胃腸炎、感染性腸炎、クローン病、虚血性腸炎、腸重積などが考えられます。
腹部超音波検査以外に問診や血液検査、腹部CT検査などから多くの情報を得て診断します。

また、持続する痛みで、 背部痛を伴えば尿路結石、解離性大動脈瘤などが考えられ、右下腹部痛を伴えば急性虫垂炎、大腸憩室炎などを、 女性であれば急性付属器炎、卵巣出血、子宮外妊娠、卵巣腫瘍茎捻転などが考えられます。

しぶり腹

しぶり腹しぶり腹とは便意があるのに便が出なかったり、また便が出ても少量しか出ないと言う状態のことです。
繰り返し腹痛があり便意を感じても思うように便が出ない場合が多いです。また、残便感が残ることもあります。

大腸炎をはじめとした腸内の炎症や病気が引き起こしていると考えられるので症状が長引く場合には注意が必要です。

腹部膨満感

腹部膨満感胃腸が膨らんでお腹が張り、圧迫されているように感じるのが膨満感です。
膨満感は、 食べすぎや飲みすぎなどによって胃が膨らんで起こったり、空気を吸い込みすぎたり、腸内でガスが異常に発生することなどで起こります。

口内炎

口内炎口の中の粘膜や舌に起こる炎症が口内炎、唇に起こる炎症が口唇炎です。口の中の粘膜や唇などが赤く腫れ上って痛みます。

ときには水泡ができたり、ただれて欠損することもあります。酸やアルカリ物質、熱湯の誤飲による刺激、間違って噛んでしまった、 さらにウイルスや細菌の感染が主な原因です。

消化器や目など、全身に炎症を起こすベーチェット病は、ほとんどの人に米粒大の白い口内炎 (アフタ性口内炎)ができます。
また、体の免疫力が低下する糖尿病、白血病なども口内炎を引き起こすことがあります。 口内炎が非常に治りにくかったり、再発を繰り返すようなときは、注意が必要です。

胸焼け

胸焼けみぞおちから胸骨の下あたりの食道が締め付けられたり、チリチリと焼けつくように感じられるのが胸やけです。

胃酸が逆流し、食道を刺激したり、炎症を起こしたりすることが原因です。最近、「胸焼けがする」「胸や喉(のど)に物がつかえる」 「みぞおちから胸が痛い」「原因不明の咳がでる」などの自覚症状はないでしょうか。 外来では、このように訴えられる方が明らかに 増加してきています。

この病気は「逆流性食道炎」という病名で昔からあった病気で、胃酸が食道へ逆流して食道の粘膜の損傷、胃酸が肺へ入り込み肺の障害、喉の障害、 さらに胃酸が口腔内から耳まで入り込み耳の障害を起こすこともあります。逆流性食道炎は、症状として胸焼け、喉のつまり感、胸痛(非心臓性胸痛・ 胸骨裏面痛)の他に、げっぷ・腹部膨満感などの胃腸症状、口の中の苦い感じ、原因不明の咳、耳の痛みなどがあります。

便 秘

便 秘便秘とは、排便の回数が減ることです。

排便の回数は人によっていろいろで1日 2〜3回の人から2〜3日に1回位まで幅が広がっています。
この幅からはずれている場合は一応異常かもしれないと考えますが、1日3〜4回でもあるいは3〜4日 に1回でもそれが長年の排便習慣で、 全く苦痛がなければ便秘と考えなくてもよいでしょう。

しかし、便秘薬を使わないと出ないとか、2日に1度でも腹がはって苦 しくなるなどという場合は 便秘として治療した方がよいでしょう。

下記の症状が認められる場合は、すぐに消化器内科を受診しましょう

最近急に便秘になってきた。
変形した便が出るようになった。
便に血がまじるようになった。

発 熱

発 熱一般的に、平熱(35℃~37℃未満)より高くなった状態を発熱といい、(37.0~38.0℃)微熱、(38℃以上)高熱といっています。

高熱が出たときはウイルスや細菌による急性の感染が疑われます。なお、考えられる原因はさまざまで、ここで紹介しているものはごく 一部です。
心配な場合には必ず医療機関を受診してください。

ウイルスや細菌などの病原体への感染,炎症や膿,細菌やウイルスへの感染が 原因となるインフルエンザ、おたふくかぜ、扁桃炎、咽頭炎、肺炎、食中毒、急性腎盂腎炎、急性胆嚢(たんのう)炎、急性胆管炎、 急性肝炎、腹膜炎、脳炎、髄膜炎などさまざまな疾患が高熱を引き起こします。

痔ろうの初期症状でもある肛門周囲膿瘍も高熱の原因に なります。

咳・痰

咳・痰気管や気管支の分泌物や外からの異物などを排出する反射的な運動が咳(せき)です。
肺や気道から分泌される粘液の量が、 疾患などによって異常に増え、のどから排出されるのが痰(たん)です。

倦怠感

倦怠感だるさや倦怠感は、運動など体を動かしたときに起こるものと、安静にしていても感じるものがあります。

だるさや倦怠感の原因には、ビタミン、ミネラルなど栄養やエネルギーの不足、体を酷使したことによる疲労の蓄積、 精神的ストレスによる脳の疲労感などがあります。
休養しても回復しないだるさや倦怠感には重大な病気が潜んでいる こともありますので、軽視は禁物です。

食欲不振

食欲不振食欲不振は、食物を摂取したいという生理的な欲求が低下したり喪失した状態です。
消化器疾患をはじめとしたさまざまな疾患や過労、 ストレス、薬の副作用、太ることへの恐怖、生活のリズムの乱れなど、多くの要因が食欲不振を招きます。

PAGE TOP